卓球ジュニア選手育成プログラムの動画内容とレビュー

卓球ジュニア選手育成プログラムの動画内容とレビュー

加藤雅也監修『卓球ジュニア選手育成プログラム』の内容とレビューを実際にDVDを再生してご紹介します。『卓球ジュニア選手育成プログラム』の対象は小学生・中学生と指導者です。サーブとレシーブが中心の内容なので試合にすぐに使う事ができます。

 

卓球ジュニア選手育成プログラムの動画内容とレビュー

 

パッケージとDVDと全体内容

 

『卓球ジュニア選手育成プログラム』はDVD2枚組です。Disk1が61min、Disk2が60minです。DVDを再生するとチャプター画面が現れます。全て連続再生をするか、自分の見たいチャプターから再生する事ができます。

 

全体内容ですが、ジュニア選手の育成を主な目的としています。しかし、サーブとレシーブを本当に細かく指導しているので、卓球愛好家なら誰でもかなり参考になります。

 

卓球ジュニア選手育成プログラムの動画内容とレビュー

 

対象となるジュニア選手は、最低でもラリー・サーブ・レシーブができるレベルはあった方が良いでしょう。完全な初心者には難しく感じると思います。内容をしっかり習得すると、サーブとレシーブの技術と速攻の技術が身に付くでしょう。卓球は3〜5球で得点が決まる事多いので、非常に実戦向きだと思います。『卓球ジュニア選手育成プログラム』をしっかり習得すれば、試合での勝率は格段に上がることになるでしょう。

 

卓球ジュニア選手育成プログラムの動画内容とレビュー

 

動画内容とレビュー

 

Disk1

 

1.基本姿勢
2.サーブ(回転)
3.サーブ(コース)
4.サーブ(スピード)
5.サーブ(モーション)
6.レシーブ(ツッツキ)
7.レシーブ(ストップ)
8.レシーブ(流し)
9.レシーブ(フリック)

 

Disk2

 

10.下回転に対するループドライブ
11.下回転に対するスピードドライブ
12.前進回転に対するループドライブ
13.前進回転に対するスピードドライブ
14.カウンタードライブ
15.ドライブのブロック
16.フットワーク(左右フォア)
17.フットワーク(切り返し)
18.スマッシュ
19.小中学生へのメッセージ

卓球ジュニア選手育成プログラムの動画内容とレビュー記事一覧

『卓球ジュニア選手育成プログラム』の最初は、卓球の基本中の基本になる構え方についての説明です。脚立が置いてあるので「何事?」と思いますが、スタンスの説明で使います。基本姿勢の概要基本姿勢はスタートの前の構えになります。左右前後どんな球にも対応できる構えが必要になります。卓球の戦術や選手の個性で色々な構えがありますが、基本的な構えがあるので、まずは知っておきましょう。スタンスの広さは肩幅よりやや広め...

卓球のサーブにとって最重要とも言える回転についての解説です。『卓球ジュニア選手育成プログラム』の序盤で回転が出てくると言うのはそれだけしっかり習得してもらいたいと言う事ですね。サーブ(回転)の概要サーブで回転をかけるのが苦手な選手がいます。回転をかけるのが苦手ならサーブで練習しないで、まずは回転自体の感覚を掴む練習をします。ボールに回転をかけて上に飛ばす練習を繰り返します。しっかり擦れれば強い回転...

サーブの『回転』の次は『コース』です。卓球にとってサーブは最重要技術と言えますが、そのサーブの回転の次に大切なコースについての解説と練習方法です。サーブ(コース)の概要サーブのコースの種類は、方向は【クロス】【ストレート】【ミドル】があり、前後は【短い】【長い】があります。これらを組み合わせてサーブを打っていきます。戦術面でも大きな意味を持つのでしっかり習得しましょう。サーブのコースを練習する方法...

サーブの技術『回転』『コース』の次は『スピード』です。卓球でサーブは重要ですが、特に小中学生の卓球の試合ではサーブの技術の差が大きく出ます。サーブの幅を広げる為にも『スピード』サーブをしっかり練習すると良いですね。サーブ(スピード)の概要スピードが速くて長いサーブを打つ時に、ただ早くて長いサーブだと相手に対応されてしまいます。相手が取りにくく、ミスを誘発できるようにスピードに加え回転を混ぜると有効...

サーブの技術の最後のセクションは『モーション』です。何気に実践向きな技術で疑似モーションが上手だと、サーブの威力がさらに増す事になります。サーブ(モーション)の概要モーションとは、サーブでラケットにボールがインパクトした後の動作をいいます。ここで、相手に間違った情報を与える為にモーションを行います。フェイクモーションとか疑似モーション等とも呼ばれますが、その名の通りフェイクな動作になります。分かり...

卓球の技術で多用する率が高いのがツッツキです。レシーブの中でも『ツッツキ』のセクションになります。シンプルな技術ですが、ツッツキをミスなく使いこなすと、試合に安定感を生むことができます。レシーブ(ツッツキ)の概要ツッツキには2種類あります。それが『入れるツッツキ』と『攻めるツッツキ』です。入れるツッツキは打球点が高く安全に返す為の技術です。『攻めるツッツキ』は打球点が頂点よりも前になり、早いタイミ...

ツッツキの次は『ストップ』です。相手に攻撃させないため、前後に揺さぶる為の技術なので、とても重要です。ストップはボールの勢いを殺したいのですが、そのためのコツも紹介されています。レシーブ(ストップ)の概要相手にサーブからの3球目を打たせないための重要な技術が『ストップ』です。ストップはツッツキの技術の延長上にあるので、ツッツキができないと上手くいきません。まずはツッツキをしっかり身に付けてから覚え...

ツッツキとストップの次は『流し』のレシーブです。かなり実践的な技術で、試合を有利に進める事ができるような技術です。子供のうちに流しができたら、すごく有効でしょう。レシーブ(流し)の概要流しの技術はスイングはしても逆方向にボールを飛ばす技術です。相手にコースを読ませずに、不意を突く事ができます。一度でも流しを見せておけば、相手は警戒してくるので試合を有利に進めることができるでしょう。流しは相手にコー...

レシーブで主導権を取る為に必要な『フリック』を学びます。フリックを正しく理解して習得していると、相手のサーブが甘かった時に無理なく攻撃に転じることができます。小中学生がフリックを覚えたらかなり勝てるようになるでしょう。レシーブ(フリック)の概要フリックの打ち方は頂点でインパクトします。その為にボールにラケットを近付けて角度を付けておきます。バックスイングはしません。そのまま角度で打ちます。一昔前の...

ドライブの基本『下回転に対するループドライブ』の打ち方です。ドライブはまず徹底してループドライブを習得すると後のスピードドライブ等に応用が効きます。フォアとバックのそれぞれを解説。下回転に対するループドライブの概要ドライブはループドライブとスピードドライブの2種類があります。下回転に対してのループドライブは下から上に擦り上げて、スピードよりも強い回転をかけることが目的です。スイングの速度に対して、...

ループドライブでドライブの基礎を習得したら『スピードドライブ』を練習していきます。スピードドライブは得点源にもなるのでとても有効ですが、ループドライブとの使い分けで試合を安定して運べるようになります。下回転に対するスピードドライブの概要ループドライブでドライブの基礎をしっかり習得したらスピードドライブを練習していきましょう。特に子供の場合、スピード重視になりがちです。そこはバランスをとって、しっか...

下回転に対するドライブの次は『前進回転に対するループドライブ』です。前進回転に対してのドライブは技術的に難しくなります。卓球をより緻密にするために必要な技術です。前進回転に対するループドライブの概要前進回転のボールに対して、同じく前進回転のドライブ、しかもループでかけるとなるとオーバーミスのリスクが高まります。表現としてはインパクトが軽くなり、弾みやすくなります。前進回転に対するループドライブは、...

得点源のショットともいえる『前進回転に対するスピードドライブ』の打ち方です。強打でポイントを狙いますが、より確実性を増す為にドライブ回転をかけてあげます。前進回転に対するスピードドライブの概要前進回転で甘い球や長い球が来た場合に使用するスピードドライブです。得点源やその後の打ち合いを有利に進める為に有効です。甘い球が来た時に、ただ強打してもオーバーミスしやすいので、ドライブ回転を掛けることでミスの...

相手のドライブに対してドライブで打ち返す『カウンタードライブ』のセクションです。攻撃力を高めるための技術なので、とても実践的です。基本的なドライブ技術を習得した上で練習して下さい。カウンタードライブの概要ドライブをドライブで返すのがカウンタードライブです。相手のドライブに対してはブロックなどで守備をする事が多いですが、相手の攻撃を攻撃で返す事になります。ループドライブに対してのフォアのカウンタード...

相手のドライブに対しての対応『ドライブのブロック』のセクションです。ループドライブでもスピードでドライブでも冷静にブロックする技術を高めることができれば試合を有利に運べます。ドライブのブロックの概要ループドライブでフォアハンドのブロックの場合、バックスイングは取りすぎずに腰の回転で引く程度、頂点前にインパクトしてスイングをコンパクトに前に送るように打ちます。ループドライブのバックハンドのブロックの...

『フットワーク(左右フォア)』のセクションです。打つ技術を習得したら、同じくらい重要なフットワークです。良い球を打つ為には良いフットワークで体勢を作っていないといけません。フットワーク(左右フォア)の概要卓球は卓球台上で様々なコースにボールが飛んできます。当然自分が構えている所だけに飛んでくるとは限りません。良い体勢で打つ事ができるようにフットワークで台の周りを動き回る必要がある訳です。フットワー...

ハイレベルなフットワーク『フットワーク(切り返し)』のセクションです。試合でどんなボールが来ても対応できるように、球出しの練習パターンとしても参考になります。フットワーク(切り返し)の概要基本的な切り返しの練習として『バック⇒フォア⇒ミドル』の球だしです。バックとフォアの次にミドルが入るのは、元の立ち位置であるバック側に戻る意味があります。『バック⇒ミドル⇒バック⇒フォア』の練習は、ミドルでフォア...

攻撃の最たる打ち方『スマッシュ』のセクションです。チャンスボールが来たらためらわずにスマッシュ!強打ですがミスの無い確実性の高いスマッシュの打ち方を習得しましょう。スマッシュの概要スマッシュはスピードドライブよりもスピードがあって威力がありますが、そのかわり回転数が少ない球質です。浮いたボールは角度があるので決まりやすいですが、低めのボールは回転が無い分だけ浮いてしまいます。スピードドライブと上手...

page top