卓球ジュニア選手育成プログラム〜感想と評価

卓球ジュニア選手育成プログラム〜感想と評価

ジュニア選手指導に特化した教材DVD『卓球ジュニア選手育成プログラム』はどのような教材なのか?推薦者の感想と評価をご紹介します。多くのトップ選手を輩出するジュニア育成のスペシャリスト加藤雅也さんの指導方法とは?

 

 

愛情に満ちた指導をする男だと常々感じていました。

 

加藤雅也君とは高校、大学の同級生でお互いに切磋琢磨しながら、時に対戦相手として、そしてダブルスのパートナーとして大いに世話になってきました。今では、飲み仲間として付き合ってます。 

卓球の話になると自分自身に対しても、そして周りの選手や生徒にも非常に厳しい男です。

 

しかしその厳しさの中にも、「生徒には少しでも上手くなって欲しい」 「自分を上回るような一流の選手を育てたい」という愛情に満ちた指導をする男だと常々感じていました。

 

学生時代から優れた技術で大いに活躍した選手ですが、自然にできたという天才肌というわけでなく、試行錯誤しながら上手くなる為の練習方法を身をもって体験してきて、すごく苦労したのではないかな?と思います。練習の鬼でした。

 

出来ない子供達、今一伸び悩んでいるハイレベルな中高生の指導にはすごく情熱的で、生徒たちの目線での指導ができるので、執筆でもしたらどうか?とかねてより酒の席で薦めていましたが、この度この10数年の指導経験を始めて映像教材として出版することになり、我ことのように嬉しく思います。

 

初心者指導はもちろん折り紙付きですが、いつか世界を目指したい中上級の技術を持つジュニア世代の卓球選手には、このDVDでの“試合に勝つ為の様々なテクニック”をしっかり学んでほしいですね。

 

加藤君を早く追いつき追い越せるような将来の日本代表を目指す選手に薦めます!
Mさま

 

卓球指導に対する情熱が伝わるお話ですね。加藤雅也さんの卓球に対する姿勢、技術をしっかりと伝えたいというおもい。長年指導の中で培った指導理論は執筆や出版の形でまとめる思いが以前よりあったのですね。初心者指導は折り紙つき、世界を目指したい選手にとっても学んでほしいという点はとても印象に残ります。初心者にも分かりやすい解説と、結果として上級の技術を身に付けることができるというのが『卓球ジュニア選手育成プログラム』の神髄だと思います。やはり、全国の卓球指導者、ジュニア選手との接し方、指導方法に悩む方にとって、これ以上心強い教材は無いでしょうね。

 

 

多くの子供たちに見て学んでほしいDVD

 

加藤雅也さんとは、2013年の新日本スポーツ連盟全国卓球選手権大会で、共に戦い準優勝をはじめ、オープン戦でパートナーを組んで優勝経験を積ませてもらいました。

 

私自身長年卓球を経験してきましたが、ダブルスのパートナーを組んで加藤さんほど頼もしさを感じた選手はいません。この度、将来トップレベルの選手になりたいジュニア卓球選手たち向けのハイレベルなDVD教材を作ったとのことで拝見しました。

 

一つ一つのテクニックを子供に解り易い言葉で卓球名門校の一流の生徒たちの中でもまれて得たスキル、内外の大会での経験そして若いながらも指導者としての10年の経験の結晶ですね。多くの子供たちに見て学んでほしいDVDです。
Nさま

 

トップレベルの選手や指導者が見ても、ハイレベルなDVD教材という事を感じるのですね。ハイレベルにもかかわらず分かりやすいのがやっぱりすごいところです。1つ1つのスキルを子供が分かりやすいように丁寧にかつシンプルに解説する。これはとてもつも無く難しい指導スキルなんです。さすがは長年ジュニア指導に当たってきた経験ですね。『卓球ジュニア選手育成プログラム』は、子供たちが直接見る事は勿論、やっぱり指導者にとって目からウロコの内容なのです。

 

 

練習方法そして高度な卓球のスキルの身に付け方を教えるプロ

 

学生時代からの卓球を通じての知り合いだった加藤さんが、上級を目指す少年少女の為の映像教材を出版することとなりました。

おめでとうございます。

 

私も指導者として、普段スクールで様々なレベルの卓球選手や愛好家と接していますが、ビギナーや初心者の子供たちと違いある程度の実力を備えた子供たちの指導は、最も熱が入りやりがいのあるものだと感じております。

 

加藤さんはこの10数年、もっぱら指導者一筋で多くの老若男女の選手を指導してきた方です。各レベルに応じた教え方や、練習方法そして高度な卓球のスキルの身に付け方を教えるプロです。

 

最近の世界の卓球も大きく変化してきたようで、世界を知っている加藤さんが伝授するトレーニング方法をベースに日本から世界へ出れる選手がどんどん育ってほしいです。
「卓球ジュニア選手育成プログラム」をお勧めします。
Tさま

 

指導力は選手時代とは異なったスキルが必要となります。例えば、卓球に限った話ではありませんが、一流選手が一流指導者になるとは限りません。指導には、競技の技術だけでは無く、指導のスキルというものが重要となります。加藤雅也さんは、選手時代も輝かしい戦績を残していますが、それ以上に指導者としてのスキルがハンパなく高く、それは同業の卓球指導者たちが大きく認めていることろです。結局、指導に対する情熱なのでしょう。たくさんのジュニア選手、それぞれのレベルの選手、それぞれに上達して欲しいと言う気持ちを技術を一緒に伝えているのだと思います。

 

 

『卓球ジュニア選手育成プログラム』は、ジュニア選手の上達、ジュニア選手への指導に特化した卓球教材です。何故、一般的な卓球指導とジュニア選手への指導は変わってくるのか?このあたりも公式サイトで解説してます。その他、感想や評価、口コミやレビューも公式サイトで確認する事ができます。是非公式サイトをご覧ください。

page top