卓球未経験者が卓球部顧問に就任!?卓球ジュニア選手育成プログラム

卓球未経験者が卓球部顧問に就任!?

中学校や高校では、先生は何かしらの部活の顧問に就任する事でしょう。経験者が得意なスポーツの顧問に就任するとは限りません。卓球未経験者なのに、卓球部の顧問に就任してしまう例は珍しくないのです。

 

 

理不尽な理由

 

学生時代にテニス部に所属していた経験がある社会科の先生。テニス部と言っても強豪校では無いので、地区大会では初戦突破が目標という、本格的に運動部の経験も無い先生。

 

部活の顧問を割り当てる際に「テニス部顧問」の事実だけ伝わり、何故か卓球部の顧問に就任。理由はテニス部の顧問は居るので、空いている卓球部の顧問に就かせた。テニスができれば、同じラケット競技の卓球だってできるでしょ!?

 

就任してしなったのなら

 

卓球が全くの未経験者なのに、卓球部の顧問に就任してしまった。そんな例は珍しくありません。もしかしたら、卓球部の顧問の先生のほとんどが未経験かもしれません。

 

しかし、就任したからには任務はいい加減んにするわけにはいきません。それは教育者としての性でしょう。本格的な卓球指導は難しいとしても、少なくとも生徒との信頼関係は築く必要があります。

 

卓球を知る事から

 

卓球部の生徒たちとの信頼関係を築くために、まずは卓球の事を知ってください。どんな道具があって、どんな型があって、どんな技術が必要なのか?

 

これまで卓球に関わる機会が無かった先生にとっては、初めは難しく感じるかもしれませんが、少しずつ理解していく過程が大切で、子供たちもそんな先生の姿に対して親近感を感じ始めます。

 

 

子供たちとの信頼関係

 

子供たちは、先生が卓球の知識や技術が乏しくても、その先生が覚えようとしてたり、理解しようと努ていれば信頼を寄せてくれます。逆に、いつまでも卓球に無関心であれば、子供の心は離れます。これは、卓球だけに限った事ではありませんね。

 

『卓球ジュニア選手育成プログラム』の良い所は、ジュニア指導者に最適な教材と言う事もあって、以下に指導すれば子供に理解されるのか?良く考えられています。

 

つまり、全くの初心者にも基本からハイレベルな技術まで分かりやすく解説されているのです。実際に、卓球の指導初心者にもたくさん売れているのが、その事を物語っています。

page top