フットワーク(左右フォア)足の動かし方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

フットワーク(左右フォア)足の動かし方とコツ

『フットワーク(左右フォア)』のセクションです。打つ技術を習得したら、同じくらい重要なフットワークです。良い球を打つ為には良いフットワークで体勢を作っていないといけません。

 

フットワーク(左右フォア)足の動かし方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

フットワーク(左右フォア)の概要

 

卓球は卓球台上で様々なコースにボールが飛んできます。当然自分が構えている所だけに飛んでくるとは限りません。良い体勢で打つ事ができるようにフットワークで台の周りを動き回る必要がある訳です。

 

フットワークはつま先に重心を置き、摺足に近い状態で横に素早く動きます。足の動きは、まず向かう方向の足から動かします。『左に行くときは左・右・左』『右に行くときは右・左・右』これを基本として、フットワークの練習を重ねます。

 

卓球台の『半面でフォアとミドルに交互にボールが来る練習』『フォア半面にランダムでボールが来る練習』などで左右のフォアの練習をします。

 

練習の際は、ボールのコースに素早く入り打つまでに足を構える事、利き手と同じ側のつま先の前にボールが来ることが重要です。

 

フットワーク(左右フォア)足の動かし方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

フットワーク(左右フォア)のレビュー

 

サーブ・レシーブ、ドライブ、ブロックなど、ラケットを扱う技術を習得してきて、ついにフットワークまで来ました。いくらラケットを扱う技術が高くても、良い体勢で打てなければ、実力を発揮する事ができません。常に良い体勢で打てるようにフットワークの強化は重要です。

 

ジュニアの時は体力や筋力がどうしても追い付いてこないのでフットワークの強化までは難しいかもしれませんが、『左に行くときは左・右・左』『右に行くときは右・左・右』は身体に塩見込ませた方が良いと思います。意外にできない選手が多いんです。

page top