ドライブのブロックの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

ドライブのブロックの打ち方とコツ

相手のドライブに対しての対応『ドライブのブロック』のセクションです。ループドライブでもスピードでドライブでも冷静にブロックする技術を高めることができれば試合を有利に運べます。

 

ドライブのブロックの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

ドライブのブロックの概要

 

ループドライブでフォアハンドのブロックの場合、バックスイングは取りすぎずに腰の回転で引く程度、頂点前にインパクトしてスイングをコンパクトに前に送るように打ちます。

 

ループドライブのバックハンドのブロックの場合、ループドライブはスピードドライブに比べると遅いので、体の近くで打てるようにポジションを取ります。体から遠くで打つとオーバーミスが出やすくなります。スイングは短くコンパクトに、インパクトの打点は前で。

 

スピードドライブはループドライブに比べてラケットの角度を立てます。角度は回転によって微調整しますが、練習を重ねて感覚を掴みます。ボールに勢いがあるのでタイミングを合わせる程度で自分でのスイングはほとんどありません。

 

バックハンドはラケットを高めに構えます。バックスイングはほとんど取らず、自分の身体の近くでインパクトするようにします。

 

ドライブのブロックの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

ドライブのブロックのレビュー

 

打ち合いの守備として『ドライブのブロック』はとても重要な技術です。ブロックが上手な選手で弱い選手は見た事がありません。ブロックが巧みな選手は我慢して自分の有利な形にもっていくのが上手です。これって、対戦相手としては驚異です。

 

多彩なドライブを打ち分けて、守備では高いブロックの技術を持っていれば、強いに決まっています。ここまで来ると、だんだんと試合で勝つためにはどんな技術が必要なのかが見えてきますね。

page top