カウンタードライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

カウンタードライブの打ち方とコツ

相手のドライブに対してドライブで打ち返す『カウンタードライブ』のセクションです。攻撃力を高めるための技術なので、とても実践的です。基本的なドライブ技術を習得した上で練習して下さい。

 

カウンタードライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

カウンタードライブの概要

 

ドライブをドライブで返すのがカウンタードライブです。相手のドライブに対してはブロックなどで守備をする事が多いですが、相手の攻撃を攻撃で返す事になります。

 

ループドライブに対してのフォアのカウンタードライブは、相手のボールの回転数が多いので、ボールの頂点付近でインパクトするイメージで抑え込みます。ボールの頂点付近を狙って体重移動を意識し水平に振りぬきます。前傾姿勢を保つように注意します。相手のコートにボールを落とすイメージになります。

 

バックハンドの場合、ラケットは高めに構えて、卓球台よりも少し後ろで構えます。インパクトはボールの頂点を狙って水平に振りぬきます。

 

スピードドライブに対しては、バックスイングの際に肘を身体から離さない事です。体重移動を使ってコンパクトに振る事が重要で、ワキが甘いと大振りになってしまいます。ボールの真上を打つイメージで頂点に達する前に打ちます。

 

バックハンドの場合、相手のボールが早いのでコンパクトなバックスイングから頂点前を水平に振りぬくイメージで打ちます。 

 

カウンタードライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

カウンタードライブのレビュー

 

完全に攻撃モードのカウンタードライブです。レベルが上がってくるとスピードドライブの打ち合いみれらますよね。ドライブに対して冷静にドライブで打ち返せれば、試合で有利になります。

 

というか、ここまでキッチリ習得すれば、結構なレベルの選手になっています。試合でもそう簡単に崩れたりせずに安定感のある試合を展開できると思います。ジュニア期からカウンタードライブの技術習得まで来たらかなりのものです。

page top