前進回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

前進回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ

得点源のショットともいえる『前進回転に対するスピードドライブ』の打ち方です。強打でポイントを狙いますが、より確実性を増す為にドライブ回転をかけてあげます。

 

前進回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

前進回転に対するスピードドライブの概要

 

前進回転で甘い球や長い球が来た場合に使用するスピードドライブです。得点源やその後の打ち合いを有利に進める為に有効です。甘い球が来た時に、ただ強打してもオーバーミスしやすいので、ドライブ回転を掛けることでミスのリスクを防ぎます。

 

膝を曲げて体重移動を心かけてシッカリ踏み込んで打ちます。バックスイングは高めでスイングは水平に近く振ります。ボールは抑えつつもシッカリと回転をかけます。

 

フォアハンド全体に言えることですが、右利きであればバックスイングで左肩を入れます。インパクトまで左肩はそのままで、インパクト後に左に回転させます。こうする事でショットに安定感が生まれます。左肩が早く開いて仕舞わないようにしましょう。

 

バックハンドは、高めにバックスイングして、手首を返しておきます。手首を返した時のラケットの向きは右利きであれば左腰の方向です。左ひざに体重をかけ、右足に重心移動して打ちます。スイング自体は水平に近くなります。

 

前進回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

前進回転に対するスピードドライブのレビュー

 

前進回転に対するスピードドライブは完全に攻撃的なショットですね。強打を打つけど、オーバーミスしないようにドライブ回転をかけるものだと思っていて良いと思います。

 

動画内でも紹介していますが、高いボールに対する悪い例として、状態が高くなったり、肘が上がったりする人がいますが、気を付けましょうね。その辺をしっかり改善しておくと、安定した卓球になります。

page top