前進回転に対するループドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

前進回転に対するループドライブの打ち方とコツ

下回転に対するドライブの次は『前進回転に対するループドライブ』です。前進回転に対してのドライブは技術的に難しくなります。卓球をより緻密にするために必要な技術です。

 

前進回転に対するループドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

前進回転に対するループドライブの概要

 

前進回転のボールに対して、同じく前進回転のドライブ、しかもループでかけるとなるとオーバーミスのリスクが高まります。表現としてはインパクトが軽くなり、弾みやすくなります。

 

前進回転に対するループドライブは、バックスイングはボールに対して真下に繰るイメージです。インパクトでボールをとらえるのは上側になります。強い回転を掛けつつ抑える打ち方です。この技術は簡単ではありません。感覚をつかむまで繰り返し練習して下さい。

 

バックハンドの前進回転に対するループドライブも同様に抑えながら強いドライブ回転を書けます。そもそもループドライブは攻撃的な球種では無く、繋ぐための技術です。普通につなぐと相手に攻められてしまうので、強い回転をかけて相手の攻撃を防ぎます。

 

前進回転に対するループドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

前進回転に対するループドライブのレビュー

 

正直、前進回転に対するループドライブは相当難しい技術だと思います。ドライブ回転をスピードドライブで打ち返す方がまだ簡単です。ボールを抑えながら更に強いドライブ回転をかけてループで返すのはジュニア選手にとって高いレベルが求められます。

 

でも、強い選手はできちゃうんですよね。どんな球でもコントロールされたループドライブを打つ事ができれば、ミスが相当減らせますし、相手にとってやり辛く感じるはずです。下回転のドライブを取得したら徐々に練習してみてください。

page top