下回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

下回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ

ループドライブでドライブの基礎を習得したら『スピードドライブ』を練習していきます。スピードドライブは得点源にもなるのでとても有効ですが、ループドライブとの使い分けで試合を安定して運べるようになります。

 

下回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

下回転に対するスピードドライブの概要

 

ループドライブでドライブの基礎をしっかり習得したらスピードドライブを練習していきましょう。特に子供の場合、スピード重視になりがちです。そこはバランスをとって、しっかり回転をかける技術を持ったうえでスピードを加えていきましょう。

 

ループドライブではバックスイングは太もも近くの下方向でしたが、スピードドライブは後ろになります。スイングも異なっていて、下から上に持ち上げるループに対して、水平に近いのがスピードドライブになります。前傾姿勢を保ったまま、前に体重移動をしながら打ちます。

 

バックのスピードドライブは、切れているボールにはループドライブで対応、切れていないボールや長いボールや半端な高さのボールの時に使います。

 

右利きであれば中心より左にバックスイングし、回転をしっかり付けながら打ちます。右足にタメをしっかり作って、インパクトで右足に移動します。状態が浮かないようにしましょう。

 

下回転に対するスピードドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

下回転に対するスピードドライブのレビュー

 

得点源にもなり得るスピードドライブは大きな武器になりますよね。ただ、動画内でも言っていますが、スピードに走りがちです。下回転に対して、ドライブ回転を少なくしたらミスの確立は高くなります。だからこそシッカリドライブの技術を磨いてからスピードを織り交ぜたいところです。

 

小学生でここまで習得できれば、地方大会では相当勝てます。ループドライブとスピードドライブを使い分けれらると、無理をせずに攻撃ができるので、試合でも安定感が出るはずです。ただ、今すぐ習得できるものでもないので、練習あるのみ!って感じです。がんばろう!

page top