下回転に対するループドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

下回転に対するループドライブの打ち方とコツ

ドライブの基本『下回転に対するループドライブ』の打ち方です。ドライブはまず徹底してループドライブを習得すると後のスピードドライブ等に応用が効きます。フォアとバックのそれぞれを解説。

 

下回転に対するループドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

下回転に対するループドライブの概要

 

ドライブはループドライブとスピードドライブの2種類があります。下回転に対してのループドライブは下から上に擦り上げて、スピードよりも強い回転をかけることが目的です。スイングの速度に対して、ボールがゆっくりループすれば習得できた目安になります。

 

右足の位置はボールの飛んでくる方向にはこびます。バックスイングは右利きなら右足太ももの近くに引き、ボールに対してボールが上でラケットが下の状態にします。つま先を広げて両ひざともシッカリ落とし、スイングは腰を水平にまわします。

 

下から上にボールを持ち上げるイメージで、打ち終りは膝が伸びて重心が上に行かないよに、膝は落としたままで最後は前傾姿勢に戻し重心が上がらないようにします。

 

バックのループドライブは身体の前で捉えます。その為にフォアよりも打球点が早くなります。両ひざを落とし、バックスイングは右利きであれば右足太もも付近に運びます。重心は左足から真ん中くらいになりますが、打ち終りに膝が伸びて重心が高くならないように注意します。従来は正面で打っていたが、今は少し横から振るのが主流になっています。

 

下回転に対するループドライブの打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

下回転に対するループドライブのレビュー

 

ドライブ技術のセクションに入りましたが、ループドライブについては結構詳しく解説しています。確かにすべてのドライブの基礎となるので、しっかり理解して習得したいところです。

 

スイングは速いのに、ボールが後からゆっくりループするあの感覚ですよね。ループがコントロールできれば、幅広いドライブが打てるようになります。子供の時にループドライブをマスターしたら後々上達は速くなると思います。

page top