レシーブ(フリック)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

レシーブ(フリック)打ち方とコツ

レシーブで主導権を取る為に必要な『フリック』を学びます。フリックを正しく理解して習得していると、相手のサーブが甘かった時に無理なく攻撃に転じることができます。小中学生がフリックを覚えたらかなり勝てるようになるでしょう。

 

レシーブ(フリック)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(フリック)の概要

 

フリックの打ち方は頂点でインパクトします。その為にボールにラケットを近付けて角度を付けておきます。バックスイングはしません。そのまま角度で打ちます。一昔前の『角度打ち』とか『払い』と言われる技術ですね。

 

フリックは台上で強く打つのですが、ラケットは軽く振ります。ひじから先で返すイメージで、スイングと言うよりも払う感じです。始めのうちうまくいかなかったら、卓球台に肘をついて練習してみましょう。肘をついて練習して上手く行ったら、放して練習してみましょう。

 

ナックルフリックは、ラケットを振ると言うよりも押し込むイメージです。ナックルフリックで帰ったボールは回転が掛かっていないので、相手がネットミスしやすくなります。通常のフリックを織り交ぜると効果は絶大です。軌道は、通常のフリックは軽い放物線を描くのに対し、ナックルフリックは直線的になります。

 

バックハンドのフリックは、足をしっかり前に出し、ラケットをボールの近くに持って行ってから打ちます。下回転サーブに対してはラケットを下から擦り上げるように、ナックルサーブに対してはラケットは上からかぶせ気味に打ちます。

 

レシーブ(フリック)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(フリック)のレビュー

 

レシーブの技術ではフリックは絶対にはずせない技術ですね。ツッツキで返すのが基本ですが、甘いサーブに対してドンドン仕掛けていけると試合の主導権を握れます。

 

フリックの技術は得点に直接結びつく技術なので、優先的に学ぶ出きでしょうね。良い打ち方だけでなく、悪い打ち方の例も紹介しているので参考になりますよ。ドライブの打ち合いやスマッシュよりもフリックの技術の方が重要じゃないかな・・・。

page top