レシーブ(流し)流し打ちのコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

レシーブ(流し)流し打ちのコツ

ツッツキとストップの次は『流し』のレシーブです。かなり実践的な技術で、試合を有利に進める事ができるような技術です。子供のうちに流しができたら、すごく有効でしょう。

 

レシーブ(流し)流し打ちのコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(流し)の概要

 

流しの技術はスイングはしても逆方向にボールを飛ばす技術です。相手にコースを読ませずに、不意を突く事ができます。一度でも流しを見せておけば、相手は警戒してくるので試合を有利に進めることができるでしょう。

 

流しは相手にコースを読ませないのが目的なので、ボールが来てからインパクトまでラケットの面は動かさないようにします。ラケットにインパクトする瞬間に面だけを動かすようにします。相手の方向にラケットを振っているのにボールは逆方向に飛ばす技術なので、相手に読まれないようにラケットの面を向けるのはインパクトの瞬間になるように練習してください。

 

流しのポイントは横回転です。ボールのそばに行って横回転を掛けるようにします。回転は外側にかけますが、卓球台から逃げるようなボールになります。スイングはボールの外から内にラケットが入るイメージです。この際に押し込むようなスイングでは、回転が掛からないし、相手にコースが読まれやすくなります。

 

レシーブ(流し)流し打ちのコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(流し)のレビュー

 

小中学生が対象の『卓球ジュニア選手育成プログラム』に流しの技術を入れるとはおもいませんでした。確かに、テレビでジュニアの試合を見ていると、普通に流しのレシーブも入れていますね。最近のジュニア選手は凄いな!

 

流しは技術と言うよりもコツが必要なので、習得には個人差があると思います。てこずる子供もいるかも知れませんが、流しをレシーブの技術としてバリエーションに加えることができたら、相当有利になるので、是非習得してもらいたいです。

page top