レシーブ(ストップ)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

レシーブ(ストップ)打ち方とコツ

ツッツキの次は『ストップ』です。相手に攻撃させないため、前後に揺さぶる為の技術なので、とても重要です。ストップはボールの勢いを殺したいのですが、そのためのコツも紹介されています。

 

レシーブ(ストップ)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(ストップ)の概要

 

相手にサーブからの3球目を打たせないための重要な技術が『ストップ』です。ストップはツッツキの技術の延長上にあるので、ツッツキができないと上手くいきません。まずはツッツキをしっかり身に付けてから覚えるようにしましょう。

 

ストップは、相手のコートに短く落としたいので、自分のコートに入ってきた球をショートバウンドですぐに打つようにします。打つ際はボールを擦るようにします。更に横回転を混ぜてあげると、回転を殺す事ができます。

 

バックのストップは、ボールの正面に素早く動き、ボールの近くで打ちます。肘が曲がった状態でインパクトするとちょうどいいです。ボールから離れているとコントロールがし辛くなりミスしやすくなります。

 

ボールのそばに足を運んでから打つようにし、できるようになったらボールをこするようにし、更にボールの横をこするように練習していきます。とにかく短く打つのがストップなので、短いボールが打てるようになるまで反復練習します。ストップした後は基本姿勢に戻るようにするのも大切です。

 

レシーブ(ストップ)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(ストップ)のレビュー

 

レシーブの技術でまず覚えなくてはいけないのがストップです。ツッツキができる事が大前提ですが、相手のサーブを最も確実に返す為にストップが必要です。3球目攻撃をさせないためにストップの技術は磨きたいです。

 

今までストップはツッツキの練習の中で自分が意識して行っていただけですが、しっかり『ストップの練習』と意識させた方が子供たちは意味が分かって良いでしょうね。また、子供のうちに横回転を加える意味を教えるのも良いと思います。納得!

page top