レシーブ(ツッツキ)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

レシーブ(ツッツキ)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

卓球の技術で多用する率が高いのがツッツキです。レシーブの中でも『ツッツキ』のセクションになります。シンプルな技術ですが、ツッツキをミスなく使いこなすと、試合に安定感を生むことができます。

 

レシーブ(ツッツキ)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(ツッツキ)の概要

 

ツッツキには2種類あります。それが『入れるツッツキ』と『攻めるツッツキ』です。入れるツッツキは打球点が高く安全に返す為の技術です。『攻めるツッツキ』は打球点が頂点よりも前になり、早いタイミングで打ち出します。ショートバウンドで打つイメージです。

 

2種類のツッツキをフォアとバックでシッカリと練習します。ツッツキと言ってもシッカリ切るのか、タイミングと角度だけを合わせていくのか?できれば両方使い分けられるようになった方が良いでしょう。

 

攻めるツッツキの場合、ラケットを引かない事がポイントです。ラケットを引かないと言う事は、バックスイングを取らないと言う事です。強く早く打ちたいと思うと、ラケットを引いてしまう傾向があります。タイミングよく打つためにバックスイングを取らないように心掛けてください。

 

フォアのツッツキの肘の位置は身体に近くなります。肘が体から遠くなり、ワキが空いた状態になるとショットが安定しなくなり、ミスの原因に繋がります。ラケットの使い方は、腕を引いてラケットの先端が後ろに行かないように気を付けます。

 

ラケットの右手と右足を連動させて踏み込みます。

 

レシーブ(ツッツキ)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

レシーブ(ツッツキ)のレビュー

 

一見地味な技術のツッツキですが、卓球の技術には超重要な技術です。卓球をやっている人ならわかると思いますが、ツッツキが上手い人はつまらないミスをしないですよね。また、繋ぎ技のはずのツッツキを得点源にする人までいます。

 

ツッツキは『入れるツッツキ』と『攻めるツッツキ』を使い分け、切ったり切らなかったりする事で、相手をほんろうする事も可能です。レシーブには絶対に必要な技術ですし、カットマンと試合する時もツッツキがで下手だと試合になりません。繰り返し練習して、安定感のあるツッツキを手に入れてください。

page top