サーブ(モーション)疑似動作/卓球ジュニア選手育成プログラム

サーブ(モーション)疑似動作

サーブの技術の最後のセクションは『モーション』です。何気に実践向きな技術で疑似モーションが上手だと、サーブの威力がさらに増す事になります。

 

サーブ(モーション)疑似動作/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(モーション)の概要

 

モーションとは、サーブでラケットにボールがインパクトした後の動作をいいます。ここで、相手に間違った情報を与える為にモーションを行います。フェイクモーションとか疑似モーション等とも呼ばれますが、その名の通りフェイクな動作になります。

 

分かりやすく言うと、下回転をかけたのに、上回転のように見せる。右回転を書けたのに、左回転のように見せる。相手をかく乱させるための動作です。コツは、しっかり回転を掛けた上でモーションをする事です。モーションを掛けることに頭がいきすぎて、回転を掛けることが疎かにならないようにします。

 

サーブ(モーション)疑似動作/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(モーション)のレビュー

 

疑似動作フェイクモーションは卓球では当たり前の技術ですが、しっかり『こうします』と指導しているのは初めてみました。フェイクなのでやり方は個々の工夫に寄りますが、その意味合いをしっかり解説していて、ちょっと驚きです。本当に実践向きな教材なんだなぁと感じます。

 

DVDの中でも言っていますが、フェイクモーションは必要ですが、あくまでしっかり回転をかけてから動作しましょうね。小中学生はこういった動作が好きなので、指導者は注意してみてあげてください。

page top