サーブ(スピード)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

サーブ(スピード)打ち方とコツ

サーブの技術『回転』『コース』の次は『スピード』です。卓球でサーブは重要ですが、特に小中学生の卓球の試合ではサーブの技術の差が大きく出ます。サーブの幅を広げる為にも『スピード』サーブをしっかり練習すると良いですね。

 

サーブ(スピード)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(スピード)の概要

 

スピードが速くて長いサーブを打つ時に、ただ早くて長いサーブだと相手に対応されてしまいます。相手が取りにくく、ミスを誘発できるようにスピードに加え回転を混ぜると有効です。回転をかけるとスピードは落ちてしまいがちです。特に真下の回転はスピードが出せません。これは、工夫と練習で克服します。

 

真下の回転では早いサーブは打てませんが、横回転ならスピードを落とさずに回転を混ぜる事ができます。左右の横回転をまず練習して、できるようになったら横下や横上の回転を織り交ぜていきましょう。

 

もう一つ覚えた方が良いのが無回転(ナックル)のロングサーブです。無回転のロングサーブは相手にとって取りにくいのでとても有効です。戦術の幅を広げる為にも是非習得しましょう。

 

スピードロングサーブの場合、早いけど回転が遅い、回転があるけど遅い、と両立がなかなか難しいです。これはスイングの速さと体重移動で克服する事ができるので、繰り返し練習しましょう。

 

サーブ(スピード)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(スピード)のレビュー

 

実際、小中学生の卓球はスピードロングサーブがとても有効だと思います。下回転の短いサーブと、横回転のスピードロングサーブをコースに打ち分けられれば、地方大会であればそれだけでかなり勝てると思います。

 

シニアに近くなるにつれてロングサーブのリスクは高まりますが、それでも非常に有効なサーブなので、小中学生のうちにシッカリと身に付けておくことをオススメします。

page top