サーブ(コース)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

サーブ(コース)打ち方とコツ

サーブの『回転』の次は『コース』です。卓球にとってサーブは最重要技術と言えますが、そのサーブの回転の次に大切なコースについての解説と練習方法です。

 

サーブ(コース)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(コース)の概要

 

サーブのコースの種類は、方向は【クロス】【ストレート】【ミドル】があり、前後は【短い】【長い】があります。これらを組み合わせてサーブを打っていきます。戦術面でも大きな意味を持つのでしっかり習得しましょう。

 

サーブのコースを練習する方法は繰り返しサーブを打つ事ですが、的を置いて練習すると集中力が増して、上手くいったかどうかが分かりやすいのでお勧めです。的は、使い古しのラバーでも、潰れたボールでも何でも構いません。的をねらって打って、コースの確実性を高めていきましょう。

 

短いサーブと長いサーブは第一バウンドの場所が重要です。これを知っていないと前後に思うようなサーブが打てません。短いサーブはネットの近くにバウンドさせます。長いサーブは自分の手前にバウンドさせます。長いサーブは卓球台のそばでインパクトするとミスを防げます。

 

サーブ(コース)打ち方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(コース)のレビュー

 

サーブを回転の基礎ができて、コースを点く事が出来たら、小中学生では相当良いレべレだと思います。地方大会なら軽く勝ち上がれるでしょう。それほど、卓球のサーブって重要なのです。

 

長いサーブと短いサーブの第一バウンドは結構知らない選手が多いので、この機会にシッカリ覚えておくといいでしょう。ここで更に回転がかかっていれば、相手のレシーブは崩しやすくなります。勝てるぞ!

page top