サーブ(回転)かけ方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

サーブ(回転)かけ方とコツ

卓球のサーブにとって最重要とも言える回転についての解説です。『卓球ジュニア選手育成プログラム』の序盤で回転が出てくると言うのはそれだけしっかり習得してもらいたいと言う事ですね。

 

サーブ(回転)かけ方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(回転)の概要

 

サーブで回転をかけるのが苦手な選手がいます。回転をかけるのが苦手ならサーブで練習しないで、まずは回転自体の感覚を掴む練習をします。ボールに回転をかけて上に飛ばす練習を繰り返します。しっかり擦れれば強い回転で上に飛びます。上手く回転が掛からない場合は前に飛んでしまいます。

 

ボールを擦る事で回転が強くなる感覚を掴んだら、戻るボールや曲がるボールや進むボールにチャレンジしてみましょう。これは練習と言うよりも遊び感覚でやると効果的です。家でもちょっとしたスペースでラケットとボールがあればできる練習です。一人でもやってみましょう。

 

回転の感覚が掴めたらサーブで練習します。サーブは自分から始められる唯一の球なので、しっかり回転を意識します。下回転は相手コートで戻るボールを意識します。ボールの下をしっかり擦るとできるようになります。

 

左に曲がる横回転と右に曲がる横回転は、順横回転と逆横回転があります。基本はラケットを外から内側へスイングする方法です。これができたら難易度が高いヤングジェネレーションサーブを練習してみましょう。

 

上回転はドライブ回転が掛かり、相手の手元で伸びるので空振りや当たり損ねを誘います。無回転はナックルと呼ばれ、回転の有り無しで相手を混乱させる事ができます。

 

回転を付ける時は面に当てるイメージよりも擦るイメージです。ラケットの先に当てるとスイングスピードが生きて回転が強くなります。

 

サーブ(回転)かけ方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(回転)のレビュー

 

正直、卓球で最も重要な要素なのではないでしょうか?回転系のサーブが得意な選手は大体強いです。サーブで相手を崩せるので、3球目で仕留めやすくなりますからね。回転をかける擦る感覚って、覚えちゃうと良いのですが、そこまでがなかなか大変かもしれません。

 

DVDの中でも紹介していましたが、サーブで回転が上手くいかない場合は、一人でラケットとボールで遊んでみると良いんですよね。遊びであっても感覚を掴むのには最適です。サッカーのリフティングと意味合いが似てるかも。

page top