サーブ(回転)かけ方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

サーブ(回転)かけ方とコツ

卓球のサーブにとって最重要とも言える回転についての解説です。『卓球ジュニア選手育成プログラム』の序盤で回転が出てくると言うのはそれだけしっかり習得してもらいたいと言う事ですね。

 

サーブ(回転)かけ方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(回転)の概要

 

サーブで回転をかけるのが苦手な選手がいます。回転をかけるのが苦手ならサーブで練習しないで、まずは回転自体の感覚を掴む練習をします。ボールに回転をかけて上に飛ばす練習を繰り返します。しっかり擦れれば強い回転で上に飛びます。上手く回転が掛からない場合は前に飛んでしまいます。

 

ボールを擦る事で回転が強くなる感覚を掴んだら、戻るボールや曲がるボールや進むボールにチャレンジしてみましょう。これは練習と言うよりも遊び感覚でやると効果的です。家でもちょっとしたスペースでラケットとボールがあればできる練習です。一人でもやってみましょう。

 

回転の感覚が掴めたらサーブで練習します。サーブは自分から始められる唯一の球なので、しっかり回転を意識します。下回転は相手コートで戻るボールを意識します。ボールの下をしっかり擦るとできるようになります。

 

左に曲がる横回転と右に曲がる横回転は、順横回転と逆横回転があります。基本はラケットを外から内側へスイングする方法です。これができたら難易度が高いヤングジェネレーションサーブを練習してみましょう。

 

上回転はドライブ回転が掛かり、相手の手元で伸びるので空振りや当たり損ねを誘います。無回転はナックルと呼ばれ、回転の有り無しで相手を混乱させる事ができます。

 

回転を付ける時は面に当てるイメージよりも擦るイメージです。ラケットの先に当てるとスイングスピードが生きて回転が強くなります。

 

サーブ(回転)かけ方とコツ/卓球ジュニア選手育成プログラム

 

サーブ(回転)のレビュー

 

正直、卓球で最も重要な要素なのではないでしょうか?回転系のサーブが得意な選手は大体強いです。サーブで相手を崩せるので、3球目で仕留めやすくなりますからね。回転をかける擦る感覚って、覚えちゃうと良いのですが、そこまでがなかなか大変かもしれません。

 

DVDの中でも紹介していましたが、サーブで回転が上手くいかない場合は、一人でラケットとボールで遊んでみると良いんですよね。遊びであっても感覚を掴むのには最適です。サッカーのリフティングと意味合いが似てるかも。

関連ページ

基本姿勢
『卓球ジュニア選手育成プログラム』の最初は、卓球の基本中の基本になる構え方についての説明です。脚立が置いてあるので「何事?」と思いますが、スタンスの説明で使います。
サーブ(コース)
サーブの『回転』の次は『コース』です。卓球にとってサーブは最重要技術と言えますが、そのサーブの回転の次に大切なコースについての解説と練習方法です。
サーブ(スピード)
サーブの技術『回転』『コース』の次は『スピード』です。卓球でサーブは重要ですが、特に小中学生の卓球の試合ではサーブの技術の差が大きく出ます。サーブの幅を広げる為にも『スピード』サーブをしっかり練習すると良いですね。
サーブ(モーション)
サーブの技術の最後のセクションは『モーション』です。何気に実践向きな技術で疑似モーションが上手だと、サーブの威力がさらに増す事になります。
レシーブ(ツッツキ)
卓球の技術で多用する率が高いのがツッツキです。レシーブの中でも『ツッツキ』のセクションになります。シンプルな技術ですが、ツッツキをミスなく使いこなすと、試合に安定感を生むことができます。
レシーブ(ストップ)
ツッツキの次は『ストップ』です。相手に攻撃させないため、前後に揺さぶる為の技術なので、とても重要です。ストップはボールの勢いを殺したいのですが、そのためのコツも紹介されています。
レシーブ(流し)
ツッツキとストップの次は『流し』のレシーブです。かなり実践的な技術で、試合を有利に進める事ができるような技術です。子供のうちに流しができたら、すごく有効でしょう。
レシーブ(フリック)
レシーブで主導権を取る為に必要な『フリック』を学びます。フリックを正しく理解して習得していると、相手のサーブが甘かった時に無理なく攻撃に転じることができます。小中学生がフリックを覚えたらかなり勝てるようになるでしょう。
下回転に対するループドライブ
ドライブの基本『下回転に対するループドライブ』の打ち方です。ドライブはまず徹底してループドライブを習得すると後のスピードドライブ等に応用が効きます。フォアとバックのそれぞれを解説。
下回転に対するスピードドライブ
ループドライブでドライブの基礎を習得したら『スピードドライブ』を練習していきます。スピードドライブは得点源にもなるのでとても有効ですが、ループドライブとの使い分けで試合を安定して運べるようになります。
前進回転に対するループドライブ
下回転に対するドライブの次は『前進回転に対するループドライブ』です。前進回転に対してのドライブは技術的に難しくなります。卓球をより緻密にするために必要な技術です。
前進回転に対するスピードドライブ
得点源のショットともいえる『前進回転に対するスピードドライブ』の打ち方です。強打でポイントを狙いますが、より確実性を増す為にドライブ回転をかけてあげます。
カウンタードライブ
相手のドライブに対してドライブで打ち返す『カウンタードライブ』のセクションです。攻撃力を高めるための技術なので、とても実践的です。基本的なドライブ技術を習得した上で練習して下さい。
ドライブのブロック
相手のドライブに対しての対応『ドライブのブロック』のセクションです。ループドライブでもスピードでドライブでも冷静にブロックする技術を高めることができれば試合を有利に運べます。
フットワーク(左右フォア)
『フットワーク(左右フォア)』のセクションです。打つ技術を習得したら、同じくらい重要なフットワークです。良い球を打つ為には良いフットワークで体勢を作っていないといけません。
フットワーク(切り返し)
ハイレベルなフットワーク『フットワーク(切り返し)』のセクションです。試合でどんなボールが来ても対応できるように、球出しの練習パターンとしても参考になります。
スマッシュの打ち方とコツ
攻撃の最たる打ち方『スマッシュ』のセクションです。チャンスボールが来たらためらわずにスマッシュ!強打ですがミスの無い確実性の高いスマッシュの打ち方を習得しましょう。